knowledge

中古のAirMacは危険?購入する前に知って欲しいおすすめできない理由とは?

更新日:

製造販売が中止されてからも根強い人気を誇っているAirMacシリーズ。

 

AirMac3兄弟

  • AirMac express
  • AirMac extreme
  • AirMac time capsule

普通のルーター+αで実用性の高い機能が追加されていたので、爆発的に売れて普及しました。

 

当時は画期的な機能を沢山備えていて、さすがApple!と評価すべき商品たちでした。

 

しかし現在では、Apple storeはもちろん整備済品としても出回っていないため、Appleの公式サイトから購入することができません。

そこで中古品の購入を検討される方もいると思いますが・・正直、中古品は危険です。

それでも欲しい!と思う方もいると思うので、中古のairMacを購入する前に知っておくべき、おすすめできない理由をまとめてみました。

 

中古のAirMacは危険?おすすめできない理由とは?

中古のAirMacがおすすめできない理由は以下の2点からです。

 

おすすめできない理由とは?

  1. 修理サポートが満了するから
  2. 電話サポートが満了するから

そんな事は百も承知という方は、以下は読み飛ばしてもらっても良いですが、ちょっとでも気になる方はどのくらいデメリットがあるか確認してください。

 

理由1.修理サポートが満了するから

今後、AirMac express、AirMac Extreme、AirMac time capsuleの修理サポートは随時終了します。

Apple製品は、製品毎の製造年月日で修理を受けることができる期間が決まっているので、他社で修理を受ける必要があります。

もしAppleで修理を受けることができても保障外の修理は、AirMacほぼ1台分に近い料金がかかるので、中古製品は壊れたら終わり(使い切り)の感覚で購入した方が良いです。

それでもどうしても中古品を買う場合は、前回のオーナーがどのくらいの期間使用していたか、どのくらい保証を受けられるか確認しておくと良いと思います。

 

理由2.電話サポートが満了するから

AirMacは修理サポートが満了すると同時に、Apple careの電話サポートも受けられなくなります。

AirMac express、AirMac Extreme、AirMac time capsuleそれぞれに設定方法や使い方が異なるので、疑問がある時に気軽に聞ける電話サポートが使えないと困るはずです。

わざわざ独自の設定が必要なAirMacを購入するよりも、BUFFALOなど安くて設定が簡単な製品の方がおすすめです。

設定方法は公式サイトでも紹介されていますが、詳しい方以外はわざわざAirMacに手を出さなくても良いと思います。

 

AirMacの特別な機能と特徴をおさらい

AirMacが優れた商品だと紹介してきましたが、どんな機能が画期的だったのかまとめていきます。

当時は画期的でも、現在は代替品になるような他社製品やサービスが出ているので、わざわざデメリットの多いAirMacの中古品を買うよりもそちらの方がおすすめです。

AirMac express、AirMac Extreme、AirMac time capsuleの機能と特徴をおさらいしながら、おすすめの他社製品や他社サービスを紹介します。

AirMac express

1万円以下でリーズナブルに購入することができ、サイズもコンパクトでお洒落なAirMac express。主な機能は、

  • 50台まで接続可能
  • イヤフォンジャック搭載
  • USB接続端子
  • Wi-Fi規格「11n」

イヤフォンジャックを搭載しスピーカーと接続でき、Wi-Fi経由でワイヤレスで音楽を聴くことができました。Bluetoothが広まっていない時代には画期的な仕組みでしたが、今ではBluetoothの方がより便利に利用することができます。

Wi-Fi規格が「11n」なので、少し時代遅れになりつつあります。

 

AirMac Extreme

AirMac express と AirMac time capsule の中間的存在の AirMac Extreme も大人気商品でした。

  • 50台まで接続可能
  • airプリント対応
  • Wi-Fi規格「11ac」

プリンタは有線接続が当たり前の時代に、Wi-Fi経由で印刷できる「airプリント対応機種」として登場しました。

とても便利な機能ですが、今では当たり前になり過ぎて、わざわざ高額な料金を支払ってまで購入する必要がなくまりました。

 

AirMac time capsule

Wi-Fiルーターとしての機能に加えて、保存領域(HDDの機能)を持った AirMac time capsule も爆発的に広まりました。

  • 50台まで接続可能
  • airプリント対応
  • Wi-Fi規格「11ac」
  • 保存領域(2TB、4TB)がある

有線接続しなくともWi-Fi経由で保存領域を使うことができ、Time Machineバックアップなどを設定することができます。

ただ速度が遅かったり、接続が不安定でデータの保存が上手くできない事もあったので改善して欲しいポイントでした。

今ではもっと優秀なワイヤレスバックアップも普及しているので、わざわざひと昔前の AirMac time capsule を使う必要はありません。

 

Time Machineバックアップはストレージがおすすめ

AirMac3兄弟の中古が危険で、購入する前に知って欲しいおすすめできない理由についてまとめました。

ひと昔前は重宝されたAirMacですが、現在はあまりおすすめできる製品ではなくなりました。

代替できる商品も増えたため、それ以外の製品も検討してみてくださいね。

ちなみに、Time Machineバックアップはネットワークストレージがおすすめです!

-knowledge

Copyright© MAC HACK(マックハック):Apple|日本最大級のMacマガジン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.