メール

Macからサーバー上のメールを削除する方法は?POPとIMAPの違いとは?

投稿日:

Macからサーバー上のメールを削除する方法について紹介しています。

サーバー上にメールが溜まってしまうと、容量以上には受信することができないため、新しいメールを受信することができなくなってしまいます。

POPとIMAPの設定次第で、削除方法が変わってくるので、画像を使って整理していきたいと思います。

この記事を読めば、新しいメールを受信できなくなる心配に悩まされる事はなくなります。

Macからサーバー上のメールを削除する方法は?

メールは手元のMacから、契約している(使用している)サーバーを経由して送受信することができます。

サーバーには色々種類がありますが、受信サーバーで「POP」と「SMTP」どちらかを選んで、Macへメール設定することになります。

Macからサーバー上のメールを削除するには、「POP」と「SMTP」のどちらを使っているかで手順が変わります。

コチラでAppleの公式サイトでも紹介されていますが、軽く触れられている程度なので、画像付きで違いを見比べてみます。

受信サーバーが「POP」の場合

受信サーバーが「POP」の場合は、「メール」>「環境設定」>「アカウント」と進み、上の画像の画面まで進みます。

「メッセージ受信後にメッセージのコピーをサーバーから削除」にチェックを入れて、下のプルダウンから

  • すぐに
  • 1日後
  • 1週間後
  • 1か月後

を選ぶことができます。

すぐに容量を空けたい場合は、右側にある「今すぐ削除」をクリックするだけです。

これで、Macからサーバー上のメールを削除することができます。

ただ一度削除してしまうと、簡単には戻すことができません。

取っておきたいメールがある場合は、事前にメールボックスを書き出しておくと良いです。

受診サーバーが「IMAP」の場合

受信サーバーが「IMAP」の場合は、同じ画面を開いても設定項目は見当たりません。

IMAPはサーバー上に保存されているメールデータと、MacのメールAppで見えているメールのデータが連動している状態になります。

なので、MacのメールAppから見えているメールをそのまま削除すれば、サーバー上のメールデータも消すことができます。

わざわざ設定をしなくても、その都度、手動でどんどん選んで削除すれば良いだけです。

Macからサーバー上のメールを削除する方法まとめ

Macからサーバー上のメールを削除する方法について解説してきましたが、どうでしたか?

Macでは、メールの受診サーバーを「POP」と「IMAP」どちらで設定しているかによって、削除方法が違うのが分かりました。

どちらも簡単に削除することができますが、一度削除すると簡単には戻すことができなくなってしまいますので、操作する際にはくれぐれも注意してくださいね。

-メール

Copyright© MAC HACK(マックハック):Apple|日本最大級のMacマガジン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.