knowledge

Macストレージの「フォーマット」と「パーティション」の種類を一覧表で解説

投稿日:

Macストレージの「フォーマット形式」と「パーティションマップ(方式)」の種類や組み合わせを一覧表を使って解説していきます。

Macのストレージ設定なんて、普段使うことないから理解しておかなくても大丈夫と思っていたらとても危険です。

データに直接影響する場所なので、きちんと仕組みを理解した上で、ディスクユーティリティアプリなどは操作してください。

場合によっては大切なデータをなくしてしまう危険性もあるので、この際、しっかりと勉強しておきましょう!

Macの中に大切なデータを保管している方ほど、しっかりチェックしてくださいね。

Macストレージのフォーマット形式とは?

2017年頃までのMacストレージのフォーマット形式は「Mac OS拡張」が主流でしたが、現在は「APFS(Apple File System)」が主流になっています。

これから発売されるMacでは、よりセキュリティの高いAPFSが使われていきます。

 

2019年現在のMacストレージの種類

  1. APFS
  2. Mac OS拡張
  3. exFAT
  4. MS-DOS(FAT)

これからはAPFSが主流になるとは言え、まだまだ「MacOS拡張ジャーナリング」にのみ対応したOSや、「exFAT」や「MS-DOS(FAT)」でWindowsと一緒に使いたいという方もいると思います。

それぞれの特徴を一覧表でまとめています。

 

形式 対応OS 特徴
Mac OS High Sierra Mac OS Sierraまで Windows
APFS × ×
  • データの暗号化でセキュリティ面が向上
  • ファイル移動が壊れにくく高速化している
  • 保存できるファイル数の増加
  • Mac OS High Sierra以前のOSではマウントされない
Mac OS拡張 ×
  • 1ファイルの容量制限は8EBまで
  • ファイル毎にアクセス権の設定が可能
  • Mac OS Sierra以前で使用する際には必ずこちらを使用する
exFAT
  • 1ファイルの容量制限はない
  • 1ボリューム2TBでも使用可能
  • ファイルにアクセス権は設定できない
  • 古いOSには対応していない場合もある
MS-DOS(FAT)
  • Mac,Windows,Linux全てに対応している
  • 1ファイルの容量制限は4GBまで
  • 1ボリュームの容量制限は2TBまで
  • ファイルにアクセス権は設定できない
  • 古い規格なので古いPCでも使える

4つのフォーマットそれぞれに違った特徴があり、自分の環境に合わせて選ぶ必要があります。

何のカスタムなしに買ったまま使用する方には大丈夫ですが、外付けSSD/HDD・Boot Camp・初期化・OS再インストールなどをする方はフォーマットを間違うと危険です。

では更に詳しく「APFS」「Mac OS拡張(ジャーナリング)」のカッコ書きで「暗号化」「大文字/小文字を区別」と書かれている部分を解説していきます。

 

形式

特徴

暗号化
  • フォーマットにパスワードを設定可能
  • セキュリティ面が向上する
  • 度々パスワードを求められるため使い勝手が多少落ちる
大文字/小文字を区別
  • Macに大文字と小文字を違ったものと認識させることができる
    例)デスクトップに「A」というフォルダと「a」というフォルダの作成が可能になる
  • 場合によっては使えないアプリが出てくるかもしれない

結論から言うと、普通にMacを使うなら「暗号化」も「大文字/小文字を区別」も使わない方が無難です。

一度フォーマットを決めてしまうと、変更するには初期化が必要になるので、外付けSSD/HDDで試してみると良いと思います。

 

暗号化ならFileVaultでできるし、そもそもAPFSはセキュリティが良いから心配はありません。

 

Macストレージのパーティションマップ(方式)とは?

これからMacを使う方は、基本的に「GUID パーティションマップ」を選んでおけば問題はありません。

ストレージの操作をする際には、勝手にパーティションマップ(方式)が変更されてないか確認する程度で大丈夫です。

 

パーティションマップ(方式) 特徴
GUIDパーティション
  • Intelプロセッサを搭載したMac
  • 4種類全てのフォーマットを使用可能
マスター・ブート・レコード
  • Windowsでも使う際に使用可能
  • APFS以外の3つのフォーマットで使用可能
Appleパーティションマップ
  • 古いPowerPCプロセッサ搭載のMacで使われていたもの
  • APFS以外の3つのフォーマットで使用可能

こちらも結論から言うと、普通にMacを使うなら「GUIDパーティション」一択です。

「GUIDパーティション」は4種類全てのフォーマットに対応しているので、わざわざ他のパーティションマップ(方式)を選ぶ必要はありません。

 

普通に使っている人で「GUIDパーティション」以外を使っている人はほとんどいません。

 

Macストレージまとめ

Macストレージのフォーマット形式とパーティションマップ(方式)の種類を一覧表で解説しましたが、どうでしたか?

疑問質問などあればコメント欄からお気軽にどうぞ。

 

  • データ系のトラブルが起きた場合
  • Time Machineバックアップを設定したい場合
  • 外付けHDD/SSDでデータ管理したい場合

などは、このフォーマット形式とパーティションマップ(方式)を理解していないと、とても危険です。

場合によっては大切なデータを飛ばしてしまうこともあるため、操作前にはくれぐれも注意してくださいね。

-knowledge

Copyright© MAC HACK(マックハック):Apple|日本最大級のMacマガジン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.